読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まちゃさんの名言まとめ


濱田マサル先生の簡単なプロフィール

12月26日生まれ / A型 / 山羊座 / 大阪府出身

1998年 フリーのヘアメイクアップアーティストとして独立。


2012年1月 自身のオリジナル化粧品ブランドblanche étoileをスタート。

マスカラを始め次々とヒット商品を生み出している。


著書「恋するメイク~キラキラしたいすべての女性へ~」(累計5万部)「美容事典」(累計10万部)「読む美容事典」(累計5万部) (すべて講談社刊)


個人的に纏めたものなのでところどころ言葉が変わっているかもしれません、ご了承ください。


食生活について(キュレーターズ Vol.51より)


【基本的に野菜とお魚とお米】


【油も厳選したもののみ。】


【食事の回数制限ではなくて食べるもののみ、制限】


姿勢について(キュレーターズ Vol.52より)


【姿勢がよければある程度の人は"綺麗風な"存在になる】


【よっぽど意識してないと前のめりになって猫背になって呼吸・酸素の量が少なくなって顔色が悪くなる】


【肩を広げて背筋を伸ばして歩く】


【美容っていうのは意識だけ、スキンケアもメイクも意識から始まる】


【メイクは等身大の必要最低限のメイクとファッション系のメイクに別れる】


【ファッションっぽいメイクは簡単で、洋服、靴を毎日着替えるみたいにメイクもアイシャドウもリップも毎日変える】


【靴、ジャケットの色と合わせる服の色とかとリンクさせて色とかを変えていくと1番簡単にメイクチェンジが出来る】


【必要最低限のメイクは年齢と共に出てくる肌のくすみとかクマとかをある程度綺麗に補正してモチベーションが高い状態にしてあげる、最低限自分を持ち上げる、底上げする】


【1番は肌を綺麗に整えてあげる、次は眉毛】


【余分な毛を取って綺麗にして整備してある眉毛できちんと眉毛を書いてあげる】


【ちょっとメイク感が欲しい時は一番は眉毛をしっかりとかく、次はリップを色がついてるもの、それが出来ないならグロスとかでツヤ感を出す、チークは控えめにすると失敗しない】


【最終チェックで手鏡とかではなくて全身鏡とかで全身のバランスを見るのがすごい大切】


【手鏡でメイクしてその長さで人とは会わない】


【メイクはメインではなくて自分を作る要素】


【メイクをメインにしてる方が多い、姿勢・髪型・メイク…その一つがメイクである】


【メイクが要素の90%を占めているとバランスが悪いかもしれない】


内面の美しさについて(キュレーターズ Vol.55より)


【顔立ちではなくて、美しさというのは全体的なバランス(顔の造形、立ち姿、雰囲気、喋り方)、美意識を常に持っている、常に自分が美しくあるために努力している】


【歳を重ねても女性であるために努力している】


【美しくありたい、と思っているかどうか】


(その他のYouTubeなどの動画より)


【しっかりと保湿出来ているかどうかを調べるのは、肌表面がもっちりして水分じゃなくて油分で覆われている感じ】


【乾燥している部分と、油が出やすい部分を分けて使う量とか使っているものを変えてみると肌環境が変わっていくかもしれない】